ペットが亡くなったら

悲しい別れ、その時に備える

心構えも愛情のひとつです

ペットが亡くなったショックで、頭の中が真っ白になって何もできない、といった相談があります。ペットも家族ですが、動物の死は人と少し違いますから、心構えとある程度の知識が必要です。飼い主として、最後のお別れに向けていくつかの準備をしておきましょう。

行きつけの動物病院がある場合

病院のサービスを聞いておく

動物病院では、ペットが亡くなった場合に、火葬や埋葬などの会社や寺院と提携していたり、紹介してくれたりするサービスがあります。
病気などで治療を行っていて、余命を告げられている場合、恒例になっている場合などは特に、事前に金額や仕組み、手続きなどについて聞いておきましょう。

自宅でペットが亡くなった場合

遺体を清めましょう

息を引き取ったら、身体を拭いてあげましょう。
きれいなシーツや布の上に寝かせて、いつものようにブラッシングしてあげてください。
シーツの下に防水シートや保冷剤を置くと良いでしょう。

整えて安置しましょう

人より早く死後硬直が始まるので、手足やしっぽなどをそっと折り曲げた姿勢にします。まぶたを閉めて舌を納め、口を閉じてあげましょう。遺体の硬直に伴って、鼻や口などの外と通じる器官から体液や汚物が出る事がありますので、そのときは布やティッシュでやさしく拭いてください。

お別れの準備をしましょう

身体を冷やします。市販の保冷剤やドライアイスで十分です。主に頭部と腹部を中心に冷やしますが、上下からお腹の上に少しかぶさるようにすると効果的です。バスタオルや大きな布などで身体をすっぽり包むと保冷の役割にもなります。

火葬・埋葬の手配

火葬や埋葬、葬儀など、お別れの様々なサービスがあります。納得のいくお別れをする為にも、こうしたサービスについて早めに問合せをしておくと良いでしょう。
人と同じような流れの葬儀で、お通夜、お別れ用の祭壇などの貸し出し、遺体の冷却の代行、預かりなどニーズに応じて多様な葬儀サービスがあります。

届け出について

飼い犬が亡くなったら、ほとんどの場合、自治体に届出が必要です。登録時に発行された鑑札と共に死亡届の書類を提出するなどの手続きで、自治体の各支所や葬祭センターなどで受付可能など、地域によって違いがあります。
お住まいの地域自治体に確認の上、手続きを行ってください。